ほぐしの館高槻店は、肩こりの解消に強い整体院です。

ほぐしの館高槻店


肩こりセルフチェック

肩こりには必ず起こる原因があります!
普段の生活の中で原因となっているものをチェックしてみましょう。

 
tyekkurisuto肩こりは、骨が歪んで悪くなった姿勢や極度の緊張やストレス。また、不規則な生活習慣など色々な要素が原因となって肩や首の筋肉が疲労し、筋肉中に老廃物がたまって血液の循環が悪くなり引き起されます。
 
肩こりにも必ず起こる原因があります。まずは、あなたの身体や普段の生活の中で肩こりの原因となっているものはないか? 下記の20の項目をチェックしてみましょう。
  1. 仕事で毎日、パソコンを使う
  2. 携帯やスマホを見ることが多い
  3. 気が付くと猫背になっている
  4. 長時間、同じ姿勢でいる事が多い
  5. 背もたれや壁にもたれかかって、丸くなって座る
  6. メガネやコンタクトの度が合っていない
  7. 重い荷物をよく持ち歩く
  8. バッグはいつも同じ側の肩にかける
  9. 運動不足を感じる
  10. 充分な睡眠を摂れていない
  11. 冷え性だと思う
  12. 枕が合っていないと感じる
  13. 寝転がってテレビを見ることが多い
  14. シャワーで済ませる日が多い
  15. 仕事や家庭でストレスを感じる
  16. 自分は太っている方だと思う
  17. 自分はやせている方だと思う
  18. 自分はなで肩だと思う
  19. ムチウチになったことがある
  20. ストレートネックと言われたことがある
 
0個~3個 : あなたは、肩こりになりにくい生活習慣です。今のそのライフスタイルを維持するよう心掛けて下さい。
4個~9個 : あなたは、自覚が無くても肩こり予備軍かもしれません。肩に重だるさを感じていませんか?下にある肩こりチェックを試してみましょう!
10個以上 : 10個以上〇の付いたあなたは、きっと肩こりの自覚があるはず!下にある肩こりチェックを試してみましょう!
 

肩こりチェック1.肩甲骨編

肩こりの人に多いのが、長時間のデスクワークなどの影響で肩甲骨が背中にピタっと張り付いた状態になっている人です。肩甲骨がガチガチに固まり動きがわるくなってしまうと、本来の動きが出来ずに首・肩に負担が掛かり、肩こりに拍車をかけてしまうのです。

腕を180度上げる時に、肩の関節はそのうちの120度の動きを担っています。残りの60度は肩甲骨が外に開く動きによってまかなわれています。これを肩甲上腕リズムと呼びます。私達の腕はこの関節の動きにより、真っ直ぐに上げられる仕組みになっています。

ところが肩甲骨がガチガチになって動きが悪い人は、この肩甲上腕リズムが崩れ、腕が上がりにくい状態に陥ってしまっている可能性があります。もしかして、私も・・・と思った方は、次の腕を上げるだけの簡単“肩甲骨チェック”を行ってみましょう!


suiheiのサムネイル画像
1.壁にかかと背中をつけて真っ直ぐに立ちます。腕を肩の高さまで水平に上げます。その時、腕も壁につけたまま、手の平は下向きで肘は曲げないようにしましょう。
 
 











 
45do.jpg2.その姿勢のまま、壁伝いに腕を上げていきます。その時の腕の角度をチェック確認して下さい。腕が壁から離れたり、肘が曲がったりしないように注意して下さい。














 

kencoucotu1.jpg■45度未満なら

× ガチガチ肩甲骨

45度未満のあなたは、ガチガチ肩甲骨です。肩甲骨まわりの筋肉がこり固まり、肩甲骨の動きがかなり悪くなっています。









 

■45度~60度未満ならkencoucotu3.jpg

△ やや動きが悪い

45度~60未満のあなたは、肩甲骨まわりの筋肉が少し硬くなっています。










■60度以上ならkencoucotu3.jpgのサムネイル画像

〇 肩甲骨はしっかりと機能しています

60度以上のあなたは、肩甲骨の柔軟性が保たれ、肩甲骨本来の機能が正常に働いています。













 

肩こりチェック2.ストレートネック編

近年、肩こりの原因としてもっとも言われているのが“ストレートネック”です。現代人はパソコンやスマホの普及にともない、猫背になりがちです。長時間その態勢が続くと前に弯曲しているはずの首の骨が、段々と真っ直ぐにな状態になっていきます。所謂、ストレートネックです。
ストレートネックの方は首の生理的弯曲が崩れ、頭の重さを骨格で支えきれずに筋肉に負担がかかり、ガチガチ首になっている方が多いです。

あなたの首の状態はどうなっているか、チェックしてみましょう!

sutore-tonekku-kihonnsisei.jpg1.基本の姿勢。壁にかかと・おしり・肩を付けて真っ直ぐに立ちます。































maru.jpg2.壁にかかと・おしり・背中を付けたまま、あごを上に向けずないで、壁に頭を付けます。この時に、自然に頭が壁に付けばOKです!

くるぶし・股関節・肩峰(肩の先端)・耳の穴を結んだ線が真っ直ぐになるのが理想の姿勢です。
























batu.jpg3.同じように、頭を壁につけようとした際に、あごを上に向けないと付かない場合や、力をいれてあごを後ろに引かないと付かないなど、自然と壁に頭が付かない場合は、ストレートネックの可能性が非常に高いといえます。


























さて、あなたの肩こりチェックはいかがでしたでしょうか? 結果が“ガチガチ肩甲骨”や“ストレートネックの可能性がある”だった方は、気持ちい~い当店オリジナルの“肩甲骨はがし”や“ストレートネック矯正”を受けて動きを良くし、慢性的なツラい肩こりとおさらばしましょう! 肩甲骨まわりの筋肉が緩めば肩と首の筋肉も楽になります! 是非、当店自慢のソフト整体コースをお試し下さい!

ほぐしの館高槻店のご案内

住      所:
〒569-0802
大阪府高槻市北園町19-16 タムラビルⅡ・ 2F
アクセス:
阪急高槻市駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
072-681-0948
営業時間:
10:00 ~ 20:00
定休日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ